発行冊子の紹介


第82号 2016年 1月 発行

   目次  
【82巻頭言】                      
編集委員就任挨拶                   河越尚司
六甲山と向日神(後編)                中村 修  
百済観音の飛鳥時代(第5回)             山下輝幸
会員広場【小休止】  
直弧文研究史余話                   中村 修
アンデス通信35                   市木尚利
和田晴吾著『古墳時代の葬制と他界観』         河野宏文
河内の尾張と大和川                  尾関 章
古代史研究のレファレンスについて           上遠野浩一
   
【巻頭言】編集委員就任挨拶              河越尚司
 このたび、『古代史の海』編集委員に連なることとなりました河越尚司です。上遠野さんと共に、中村さんの協力をいただきながら発行に尽力いたします。創刊初期に、ちょっと手伝った(ワープロ起こし)ことはありましたが、正式な編集委員となったことは責任重大と感じています。
 前号の上遠野さんに続き、私も簡単に自己紹介いたします。本業は電子機器のエンジニアで、回路設計を行っています。学生時代は物理学を専攻しており、古代史とは無関係な経歴でした。就職後に、古代が舞台の伝奇物を読んで古代史に興味を持ち、「市民の古代研究会」を知って参加してから、古代史を趣味としてやってきました。その「市民の古代研究会」では、理事やら事務局やらを拝名いただき、主に会報の「市民の古代ニュース」の編集をしておりました。『古代日本海文化』を引き継いで、『古代史の海』を創刊された秦氏とはその頃から知己をいただいており、その意思に協力する順番が来たかなと考えています。
 根っからのアマチュアということで、古代以外にも広く興味があり、時代を超えて歴史を貫く一般原則という視点を古代史にフィードバックする方針で楽しんでいます。今後ともよろしくお願います。